VOLVO

カラダ点検体操 VOLVO×菊池和子「きくち体操」創始者 カラダ点検体操 VOLVO×菊池和子「きくち体操」創始者

皆さん、カラダの細部まで意識して動かせていますか?
立つ、歩く、つかむ、私たちのカラダはどの動きも脳がコントロールしています。
思った通りにカラダが動かせない。そんな状態は、脳の指令がカラダの細部にまで、
きちんと伝えられていないサインかもしれません。

健康なカラダと安全なクルマの運転とは、切っても切れない関係にあります。
きくち体操のような、細かな部分まで意識して動かす運動を続けると、
やがて脳とカラダのつながりがよくなって、毎日の動きが変わってきます。

人を守り、思いやるという、ボルボの哲学に共感し、
今回は、私が考案をしたきくち体操の中から、クルマの運転に大切だと思われる動きをいくつか選び、
「カラダ点検体操」と名づけました。

体操の動きはとてもシンプルです。あらゆる世代の人びとが、生き生きとした気持ちになれる体操です。
ぜひ家族みんなで、やってみてくださいね。
あなたのカラダは、あなたの大切な命です。

クルマの進歩も大事ですが、やはり、日頃の心がけ、
そして一人ひとりの自覚と行動が、大切だと思っています。

「きくち体操」創始者 菊池和子

ボルボ車の安全機能は進化を続けています。
しかし、「人」が運転をする以上、安全運転を心がけていただくことは、これからも大切。
そんな私たちの想いに共感いただいたのが、脳を活性化し、筋肉を育てる
「きくち体操」の創始者、菊池和子先生です。

この「カラダ点検体操」は、お子さんから高齢者の方まで、誰でもはじめやすい体操です。
ご家族や友人と楽しみながらチャレンジしてみてください。

動画を見て
しっかりと
カラダが動くか
チェックしましょう!

安全運転に大切な体操

菊池和子
1934年生まれ。日本女子体育短期大学卒業。
東京都の中学校教師を経て「きくち体操」を創始。
人体のしくみに沿った健康に直結する動き方を模索。意識(脳)と筋肉、心と体のあり方を、
動かすことを通して発見し続け、命そのものである体を生涯はぐくみ続ける独自の体操を確立していった。
以来、50年余りにわたって、幼児から高齢者まで、あらゆる年齢層の健康の獲得に貢献、高い信頼を得ている。
川崎本部の他、東京、神奈川などの直営スタジオ、首都圏、名古屋、関西のカルチャーセンターなどに教室を持つ。
より安全なクルマを目指して進化をつづけるボルボの安全性。 詳しくはこちら